ガンマ線照射飼料

【概要】

コバルト60による照射飼料です。
ガンマ線照射滅菌は、オートクレーブ滅菌と比較して蛋白変性やビタミンなどの損耗が少なく、栄養面からは良好な滅菌方法です。無菌動物、ノトバイオートはもちろん、SPF動物などにもご利用下さい。
小詰包装は、アイソレーター向きで手軽にご利用できます。また、従来はオートクレーブ滅菌が困難だった粉末飼料の滅菌も可能です。

 

ガンマ線照射飼料

 

形態
・ 10kg×1パック=10kg
・ 5kg×2パック=10kg
・ 2.5kg×4パック=10kg
・ 2kg×5パック=10kg
放射線量
15kGy、30kGyおよび50kGyの3通りがあります。
また、小詰パックには脱酸素剤(エージレス)を同封しています。
滅菌効果
無菌試験実験例
  照射量(kGy)
  0 5 10 25 35 50 100
CRF-1 50/50 19/50 1/50 0/50 0/50 0/50 0/50
MF 50/50 42/50 2/50 0/50 0/50 0/50 0/50
RC4 50/50 2/50 0/50 0/50 0/50 0/50 0/50
試験方法:陽性ペレット法による。
チオグリコート培地40mlにペレット1粒投入、31±1℃、7日間培養供試50粒に対する陽性ペレット数。
照射管理 1)照射の確認
照射が行われたかどうかをケミカルインジケーターによって確認します。このラベルはすべてのケースに貼付され、照射により黄色から赤色に変化していますので、 お客様ご自身でも確認が可能です。
2)線量の確認
指定通りの線量が照射されたかどうか、プラスチック線量計を用い、ロットごとに照射線量を確認しています。
必要な場合、お客様に照射証明書を送付します。
低線量照射飼料
(LID)
6kGyの照射線量で、10kgクラフト袋に梱包した、より安価な飼料です。
緩やかな微生物統御で動物維持が可能な施設にお勧めします。

 

関連キーワード

ガンマ線照、滅菌

お問い合わせ

ガンマ線照射飼料

包装 製品番号
-  

製品に関するお問い合わせ飼料/飼育機器