rhMatrilysin

rhMatrilysin
Recombinant Human Matrilysin
組換えヒトマトリライシン

特長

マトリライシンはマトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)の一種であり、フィブロネクチン、ラミニン、IV型コラーゲン、ゼラチン、エラスチン、エンタクチン、プロテオグリカンなどの種々の細胞外マトリックスタンパク質を分解します1)。組換えヒトマトリライシン(rMMP-7)は、E. coliで封入体として発現させ、再生を行って得られた組換えヒトプロマトリライシン(rProMMP-7)にρ-aminophenylmercuric acetateを加えて活性化したものです2)。

規格

比活性 ≧3,100units/mg
1.82mg/mL Azocoll, 50mmol/L Tris-HCl( pH 7.5) , 0.2mol/L NaCl, 10mmol/LCaCl2, 0.02% NaN3, 0.05% Brij 35中で反応させ、37℃で1分間に1μgのAzocollを分解する酵素量を1unit(U)とします3)

形態/保存

約2mg/mL(0.15mol/L NaCl及び5mmol/L CaCl2を含む10mmol/L HEPES緩衝液, pH 7.4)
冷凍(-80℃)
凍結融解のくり返しは避けて下さい。

関連キーワード

癌領域、癌、組換えタンパク質・抗体等

お問い合わせ

包装 製品番号
100μg 47218000
バルク -

製品に関するお問い合わせ診断薬試薬/研究試薬

本品は研究用試薬であり、医薬品ではありません。