MP (Bacteria)

MP (Bacteria)
Maltose Phosphorylase (from Bacteria)
マルトースホスホリラーゼ (微生物由来)

反応

Maltose+Orthophosphate = D-Glucose+β-D-Glucose 1-phosphate

規格

比活性
タンパク質1mg当りの国際酵素単位  >5units
混在活性
α-Glucosidase <0.05%
α-Amylase <0.05%

分析方法

I.分光光度計による活性測定方法
波長: 340nm、光路長: 1cm
酵素反応温度: 30℃
グルコース定量温度: 25~30℃
操作手順
酵素反応
主反応
1.00mL Phosphate buffer(0.1mol/L, pH 5.6)
1.00mL Maltose(0.1mol/L)
0.05mL Maltose phosphorylase(約6 IU/mL)
Blank反応
1.00mL Citrate buffer(0.1mol/L, pH 5.6)
1.00mL Maltose(0.1mol/L)
0.05mL Maltose phosphorylase(約6 IU/mL)
酵素反応(正確に10分間、30℃)
煮沸(3分間)
ice bathにて冷却
グルコースの定量
2.80mL MgCl2(3mmol/L)を含むTriethanolamine-HCl-NaOH(0.3mol/L, pH 7.5)
0.10mL ATP(10mg/mL)
0.10mL NADP+(10mg/mL)
0.05mL 主反応終了溶液:AI
0,005mL G6PDH(1,000 IU/mL)
0,005mL HK(1,000 IU/mL) :AII
ブランクとして主反応終了溶液のかわりにブランク反応終了溶液を使用し、上記と同様に操作する。: BI, BII
II.計算式
 

ΔA = 340nmにおける吸光度変化量(AII-AI)-(BII-BI)
V1 = グルコース定量液量(3.06mL)
V2 = 酵素反応液量(2.05mL)
6.2 = 340nmにおけるNADPHのミリモル
分子吸光係数(L・mmol- 1・cm?1
d = 光路長(1cm)
v1 = 酵素反応液のサンプル液量(0.05mL)
v2 = 酵素液量(0.05mL)
t = 酵素反応時間(10分)
ΔA/min = 340nmにおける1分間当りの吸光度変化量
V = 最終液量(3.17mL)
D = 酵素希釈率
6.3 = 340nmにおけるNADHのミリモル分子吸光係数(L・mmol-1・cm-1
d = 光路長(1cm)
v = 酵素液量(0.02mL)

基礎データ


形態/保存

規格コード: MP-02
硫安懸濁液・・・冷蔵(1~10℃)
懸濁液1mL当りの国際酵素単位は約500unitsです。

関連キーワード

体外診断薬、生化学、酵素、AMY、アミラーゼ、IP、P

ダウンロード資料

お問い合わせ

包装 製品番号
1,000units 46631002
バルク

製品に関するお問い合わせ診断薬試薬/研究試薬

本品は研究用試薬であり、医薬品ではありません。