βAP-MCA

βAP-MCA
Anti-Human β-Amyloid Protein Monoclonal Antibody
抗ヒトβアミロイドタンパク質モノクローナル抗体

特長

βAP-MCAはペプチド合成により得られたβAP1-401)をマウスに免疫後、マウス脾細胞とマウスミエローマ細胞を融合して得られたハイブリドーマをマウス腹腔中に投与し、腹水からアフィニティー精製2)により得られた抗体です。

規格

特異性
βアミロイドタンパク(βAP)1-40及び分泌型アミロイドタンパク前駆体(sAPP)と反応し、βアミロイドタンパク(βAP)17-42と反応しません。
IgGサブクラス: IgG2b

形態/保存

5.5~7.5mg IgG/mL(150mmol/L NaC1及び0.1%NaN3を含む10mmol/L リン酸緩衝液, pH 7.4)
保存: (-80℃)

関連キーワード

中枢神経系領域、分析、組換えタンパク質・抗体等

参考文献

  1. Miyazaki, K., Hasegawa, M., Funahashi, K., and Umeda. M.(1993)Nature 362, 839-841
  2. Kihira, Y. and Aiba, S.(1992)J. Chromatogr. 597, 277-283

お問い合わせ

包装 製品番号
100μg 47223000

製品に関するお問い合わせ診断薬試薬/研究試薬

本品は研究用試薬であり、医薬品ではありません。