ニュースリリース

ニュースリリーストップへ戻る

平成11年1月29日
デイドベーリング(株)と診断薬の製造委受託契約を締結

オリエンタル酵母工業(株)(本社 東京、社長 吾妻伸夫)は、この度、世界の大手試薬メーカー、Dade Behring Inc.の日本の法人であるデイドベーリング(株)と、7品目(下表参照)の診断薬関連製品の製造委受託契約を締結した。当社は従来診断薬領域において原料メーカーに徹しながら、受託サービス(開発及び生産)の強化を継続しており、デイドベーリング社との長年に渡るビジネスを通じ、品質管理面はもとより製造技術面においても、同社から高い信頼を得た結果である。

■デイドベーリング社から製造委託を受けた7品目の概要
  品 目 名 内  容
(1) N-希釈液 1.5リットル *BN機器用希釈液
(2) N-希釈液 5リットル 同上
(3) N-反応緩衝液1.5リットル BN機器用反応緩衝液
(4) N-反応緩衝液5リットル 同上
(5) NA・ラテックス1gDキット BN用IGD測定用ラテックスキット
(6) アクセレレータ1  
(7) BNマルチコントロール血清 BN機器用免疫コントロール血清

注)*BN機器はDade Behring Inc.が世界市場に販売している著名な免疫化学自動分析機。

1.契約概要 (1)生産品目/7品目  (2)契約期間/5年間
2.設備投資額 50,000千円
3.製造開始予定日  平成11年4月
4.受注予測金額 5年間で約6億円

<補足資料>

米国 Dade Behring Inc.の概要
社 歴 150年以上
Dade International Inc. Behring Diagnostics, Dupppont Diagnostics, Syva社他、著名な企業が診断薬分野において合体し、今日のDade Berhingを形成。
従業員数  世界で8000名
売上 14憶USドル(1610億円/1ドル115円で計算)
内訳は米国52%、32%ヨーロッパ、16%その他市場
製品群 臨床検査市場においてもっとも幅広い製品群(及びサービス)を提供。生化学、臨床化学、免疫化学、凝固線溶テスト、微生物学、感染症診断、血漿蛋白分析、心疾患診断、薬物動態、免疫血液及び品質保証領域をカバーしている。
生産拠点 9工場(トータル150万スクエアフィート)
米国、ドイツ、スイスにあり、2900人の従業員。