ニュースリリース

ニュースリリーストップへ戻る

2001年6月14日
オリエンタル酵母工業・食品部門 首都圏物流体制整備のお知らせ

オリエンタル酵母工業(株)(本社:東京、社長:内藤利邦、資本金:26億円)は、食品部門の首都圏物流拠点の整備・増強により、お得意先への機動的な物流サービスの向上と物流業務の効率化を一層推進するため、新たな物流体制構築を図ることといたしました。
これまで戸田市内賃借倉庫を物流拠点に「関東営業所受発注センター」が物流業務を遂行してまいりましたが、この度、所沢市内に新物流拠点を設置し、併せて「関東営業所関東物流センター」に組織変更いたします。
新物流拠点は、関越自動車道所沢インター至近の日本ロジテム(株)所沢倉庫内に設置し、倉庫スペースは従来の約2倍に拡大、特に冷凍・冷蔵スペースの拡充によりチルド物流体制を整備増強しました。
また、物流情報のIT化推進による業務改革を進めるとともに、関係会社の中越パニー(株)、(株)サンオリコの物流機能も年度内に集約し、リテール営業体制再構築に取り組むなどグループ一体となった物流体制効率化を推進いたします。
なお、新物流拠点における「関東営業所関東物流センター」は、2001(平成13)年6月18日(月)より業務を開始いたします。


移転先
住所:

〒359-0012 埼玉県所沢市坂之下字丸久保691-3
オリエンタル酵母工業(株)関東営業所 関東物流センター
電話042-946-3591 Fax 042-946-3606

業務開始日:

2001(平成13)年6月18日(月)

新物流拠点の概要
敷地面積:

6,424.6平方メートル(1,943.4坪)

倉庫面積:

12,628.0平方メートル(3,820.0坪)
なお、倉庫は4階建てで当社が占有する箇所は、2階全部と1階の一部です。

当社占有の
延べ床面積:

4,980.0平方メートル(1,509.0坪)

最大収容能力:

2,400パレット

温度管理:

3温度帯(定温18℃、冷蔵5℃、冷凍△18℃)

収容品目:

イースト、フラワーペースト(パン用クリーム)、マヨネーズ、その他食品素材。

以 上